スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

エアコンのガス漏れ補修~ガスチャージ

引き続きの記事になりますが
冷媒はR410で新品だと10キロボンベを買わなければなりません
室外機を見ますとガスは900グラムですので、いかに無駄な買い物になるかですが
ヤフオクで中古を入札しましたが、落札金額はその価格差が大した事がなく
まあ、使い終わったら売ればいいかという感じでしたので
売るにも多い方がいいですしね
Amazonでは、ちょうどこのタイミングで少し値下がりして12500円送料込み

それでは、いよいよガスチャージになりますが
これまで多くのポンプダウンやエアコンの移転、設置をしましたが
ちょっとガスチャージとなると慎重になりますね

こちらは空引きの時のマニホールドゲージの画像です


赤いホースはただゲージに差してあるだけです
黄色いホースが真空ポンプに差してました

ボンベはピンクに色が決められているかと思いましたが、プロパンと同じグレーですマニホールドゲージにも色とは無関係に配管してますガスボンベはサービスポートと同じく5/16なので、この画像でいう黄色いホースの部分に赤いホースを使いました
このマニホールドゲージまでは真空引きされてる訳ですが、この赤いホースは真空ではありませんね


マニホールドゲージのこれまで黄色いホースが差してあった部分にはバルブがありますので、調べなくてもここでエアーを押し出せばいいと思いました

でも、そう考えるとサービスポートまでの配管までガスで押し出しても大差ないのでは?

素人なゆえに先入観という物がありません(笑)

まあ、ここからガスボンベのバルブを開き、このバルブから工具の先でムシを押して
ガスを少し出し、絞めてあった青いダイヤルを開いてガスを注入?始めました

メーターの読み方がわからないのと、この先は詳しく書き切れないないので省きますが


ガスが多過ぎるとエアコンを壊す恐れがあるという話で
確かに少ない分にはこれまで壊れてないので、少し補充しては試運転・・・
これまでの作業を繰り返しました



ガスボンベの重さを測りながら、補充したガスを確認するという手段も見てはいましたが
エアコンの効き具合からの調べでは半分も減ってないという判断です
この場所で体重計でわかるレベルの物ではないと思い、最初から使いませんでした
ただ、次回売る時の残量を記録するために測りましたら14.5キロでした


真空引きやガスパージ、エアーパージなどと専門…

最新の投稿

エアコンのガス漏れ補修~真空引き

エアコンのガス漏れ補修~ポンプダウン

エアータンク?も塗装

長崎ガレージジャッキのOHと塗装完了!

ホームページ更新

OHした長崎ガレージジャッキの塗装

ブログ新設

ガレージブログ投稿テスト